診療時間 / 10:00〜18:00 (日曜・祝日休み)
ご予約・お問い合わせ / 027-289-2121

ED外来

EDとは男性器勃起不全のことをいいます。
焦りやプレッシャーを感じることなく自然体で治療をしましょう。
EDには心因性のものがありますが、50代以上では多くの場合、動脈硬化が原因となっている混合型EDも多く、自己判断で「いつか治る」と放っておくのは良くありません。

まずは、お気軽に医師にご相談下さい。

初診料 2,600円
再診料 700円

まずは知ってほしい 男性更年期障害(LOH症候群)とは?

男性更年期障害(LOH症候群)

「最近調子が悪い」「何事にもやる気がでない」「朝起きられない」「疲れやすい」「性的能力の衰え」など病院に行っても原因がわからず、悩んでいる男性患者様が多数存在します。
こうした症状は、単に「年のせい」ではなく、「男性ホルモンの低下」が原因になっている場合があります。
「男性ホルモン(テストステロン)の低下」で起こる症状を「LOH症候群」(加齢男性性腺機能低下症候群)と名づけています。年だからといって放っておいても症状は改善しません。症状が進むにつれて認知機能や身体機能が低下し、うつ、メタボ、骨折、生活習慣病のリスクが高まるともいわれています。

加齢に伴い誰もが何かしらの更年期症状が現れます

最大の原因は男性ホルモンの減少

男性ホルモンであるテストステロンは加齢に伴って低下致します。
(グラフ参照20代をピークに男性ホルモンが下がっていくのがわかります)
男性ホルモン(テストステロン)は、男性力を高める重要な役割をもっており、筋肉を増強する作用や、バイタリテイ、性欲、毛深さなど男性の性的特徴や精子の生産に強く関わりのあるホルモンです。まさに男盛りの40代から男性ホルモンの低下は、男性としての身体的機能、精神面、性的側面にも影響を及ぼします。
その症状は様々で、「身体的機能」には、「性機能関連症状」。これは性欲の低下やED(勃起障害)、「精神 心理症状」は、抑うつ感や、不安、疲労感、記憶力や集中力の低下など。「身体症状」には、ほてり、のぼせ、などがあります。さらに加齢や喫煙、飲酒、ストレス、運動不足によって体がどんどん酸化し、体の機能が錆びついてきます。

生きていく上で、症状から逃れることが出来ない…

生活習慣の見直しで発症はおさえられる!

ホルモン年齢は生活習慣とも密接に関わっているといわれます。不摂生をしていれば体内年齢の進行,いわゆる老化スピードも増し,早期に男性更年期症状が出始めるなどという自体にもなります。逆に適切な生活習慣を維持していれば老化スピードも遅く,男性更年期症状の出現も抑制されます。まずは字部の生活習慣を見直し,体内年齢や現在の情報を知り,対策を立てることが大切です。

男性更年期障害は放置してても良くならない!

男性の更年期障害は、それに気がつき,治療を行わない限り、長く不安で憂鬱な日々を過ごす事もさることながら、周囲の人からは病気として理解してもらえず、孤独感や、絶望感に苦しんだり、仕事の能率や成績が上がらないことに悩むことになります。また,表面上の精神症状だけでうつ病や神経症などと診断され,向精神病薬や抗うつ剤などを多量に処方されていたなどと言うケースも少なくありません。